毎日おーちゃんビュー~ひとりと猫らの伊豆暮らし~

自然を求めて伊豆の地にひとまず移住したアラ40女&猫らとのおだやかな、と見せかけて時々事件簿、な日々をまんがに乗せてお届けします



ーーそいつは7月1日に突然目の前に現れて、
     7月31日に逝っちまったんだーーー


移住者の多い伊豆で、ひとつの悲しいドラマがありました。
203sai
この店の土地のせいか店主の持つパワーのせいか、
いろいろクセのある人を呼び寄せてしまうようでーーー
パー助、エムしかり…?



ある時、ふらりと店に現れた青年(30代半ば)と店主は親しくなり…
203-8sai
シンパシー!
203-5sai
これからって時にぃーーー!?
203-4sai
そんなこと…!
誰もが思い切って以前の生活を捨て、より豊かな暮らしを望んで
この地に移住してくるであろうに…。
まるで命の終焉を迎えるために引っ越してきたようではないか!
逆、逆! いやだそんなのーーっ‼ (あたしの未来かもーっ??)

ご本人もご遺族も、どんなに無念なことだろう!
203-7sai
移住を決めなければこんな悲劇は起きなかったわけで…。
まるで死を招く、死に導かれた移住…
それって土地の霊が悪かったの? 偶然? やっぱ風水⁉


生きてる限り、いつ何が起きてもおかしくないこの世界…
縁あって移住しても、その先に光ありとは限らない。
命にしても…他人事じゃないわ。でも運命には逆らえないーー。
(運命と宿命をテーマに店主と話が弾みました…)


心よりご冥福をお祈りします。





203-3sai
こうして描くとインチキ臭い、それ贋作かもよ、サギ話では?
と思われるかもしれませんが、それ当然。 ですがしかし、
入手ルートや画家の経歴を聞くと調べると、疑いの余地なし…。
そしてわたしは人1倍~3倍は警戒心が強く、疑り深いタチの人間…

これは未来の自分への投資になるかも…¥¥
って、まさか投資に絵画って…ブルジョア界の話でねえの。


絵自体は好みではないスケールのでかい風景画…
よもやギャンブルでしかないけど、ちょーど元民宿に移住する直前の
今のタイミング… 80号なる大きさのこの絵でも飾る場所がある…

これもまた縁なのでは?
(※良縁。ちなみにおみくじの神社は縁結びの神社だったような…
203-6sai


どーすんのよおーーーーっ!!!










203-9

わし、買っっつまったぉ……

(ちょっとお勉強していただきました -¥)






…ほんとにね、
縁あってこの地へ流れ着き、日々わたし、虫けらのようにひっそりと静かに
暮らしておりますのに、良くも悪くもいろんなハプニングばかりでした(過去形?)。


人生、一歩先には何が起きるか分からない。(体感済)
変化を求める方には思い切って移住をオススメ…しなくもない…デス。death⁉
(風水師に相談した方が確実デス)
203-2sai



皆さま、これまでご覧いただきありがとうございました。
203-9
わたくし、こんな年の瀬に、寒い中あまりにも気分がノらないけど、
めんどくさいけど、引越しに取り掛かります…モノ多くて大変デス。

どうぞお元気で。よいお年をお迎えくださいませ。
そのうちこのブログ閉じますね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村




(最終回直前、今回長編です)

それは2年前の夏、ーー引越し2週間前にこの家で決まった時ーー、
ほか2軒の物件も見るため、わたしは伊豆に1泊して東京の自宅に帰り…


玄関を開けた瞬間のことです、
当時の飼い猫メンバー・女帝ランちゃん(サビ柄・12歳)が

202-8
目の前で亡くなっていたのです。


元地元ノラ・短命なラン一族は、ランちゃんも幼少期から病弱で、
ぜんそくの持病もあり、発作の時はひどく苦しそうで、いつかこのまま
逝ってしまう時がくる…と予感はありました。この前夜、わたしが珍しく
外泊で長時間留守にした不安や淋しさが体調に影響したのかもしれません。

出かける前は普段通りで、異変も前兆も感じなかったのに…。

きっと一晩中、玄関の前でわたしが帰るのを待っていてくれたのでしょう。
202-14

そんなランちゃんはメンバーの中でも意地悪な嫌われ女王キャラで、
特に同い年で、後から現れて先にうちの子1号になったぐーたんを
目の敵にし攻撃的で、床を歩けなくさせるくらい陰湿でした。
(以下、以前の猫ドラマブログより)
ぐーランまんが
ぐーたんには安らげるはずの家の中で常にストレスフルな生活を
強いてしまいました。まるで嫁姑のような。



あえてランちゃんにも過剰に気を使って愛情をかけても、言い聞かせても、なんでだか
ほかの子らにも通せんぼしたり隠れて待ち伏せたり、意地悪を仕掛けるのです。
でもほかの子らはぐーたんほどダメージを受けない
202-4
ランちゃんはわたしにはベタベタ♡♡の媚び上手で、むしろ個性的な
キャラがおもしろく、どちらも可愛くて、それだけに板挟みもつらく、
飼い主にとっても相当なストレスになっていました。
(母と嫁に挟まれた息子の立場のような)
202-5
ぐーたんはストレスからしっこも~らしたり舐めハゲを作ったり…。
安心して自由に家の中を移動できないのですから。
202-9
部屋を分ける制限もかわいそうでできないヘタレな飼い主で、
いたたまれない日々でした。しかしそれが当たり前になって慣れてきた…
202-6
ランちゃんの来ない1階に拠点を移した時に、
のびのびしていた姿は感動モノでした。
202-7
どうやらねこ間で、ナワバリルールが確立していたようでした。
202-17

そんなこともあり、冷たくなったランちゃんを見て、
今の恵まれた移住先が決まった直後のタイミングにも驚き、
心の準備もなかった突然の別れの悲しみ、慟哭、けれど次に
「よかった…ランちゃんが先で…」と正直、安堵もしたのでした。



ーーそしてその夜、夏場でしたのでランちゃんが息絶えた場所が
2階より涼しかろうと安置しておりましたら、
202
ぐーたんが夜の間も、ずっとそばにいたのですよ!
(その前からも近くにいたけれど。その姿見てまた号泣 
生きてたらこんな接近してることない!! いろんな思いがあったのでしょう~。
わたしこのエピソードをずっと、いつか皆さんに伝えたかったのですー


ちなみにおーちゃんも近くにいたり、
やっぱり分かってるんだ…と感動。
なのに今回のニャンちゃんの時は皆ニャ無関心で「???」。
存在感の違いでしょうか。


そんなわけでぐーたんは遠く東京を離れたこの家で、11年ぶりくらいにのびのびと、
家の中に天敵のいない、当たり前に自由に床を歩ける生活を送れているのです!!
よくぞ耐えた! 毎日とても快適で幸せそうなようすを感じて飼い主もうれしい♡
(新たに女帝に返り咲けたし。そいう事情からのえこひいき枠なのです)
202-16
とまあ、偶然にも、というか神懸かり的というか、猫の神秘というか、
(いろいろあったものの)離れがたいほど気に入ったこの家をランちゃんが
命と引き換えに運んできてくれた気がして…
202-3
そして今回の、次なる西伊豆の家(民宿)への縁もまた、ニャンちゃんが犠牲に…。
202-17
でもホントはこんな開放的な環境のこの家からあんな家の間隔が狭くて
景色のない、家の中から自然を感じられない、台所でなく厨房な家、やっぱやだー、
新たに探し直したい~ と思ったりしてました。
202-9
「おいおいわがまま、今さらかい、他に選択肢ないでしょよ」
202-11
「おでたちもうお散歩できねえど?」
202-15
「今年も来たわよ渡り鳥ジョウビタキ、ビーたん。スィースィー」
202-13
「キャンキャン犬みてえに吠えるあれは…
202-12
ふさふさしっぽがねえとドブネズミそっくりな
ぶさいくタイワンリスだっちー」




202-10
ありがとう、ランちゃん、ニャンちゃん。




まだまだこの地での描きたい話いっぱいあったのに!
(他にも描きたいキャラがおりましただに~)
引越し目前のため次回最終回、
12/1(土)更新です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村







病院で衝撃の「いきなり末期がん宣告」を受けてから
一ヶ月も経たず、ニャンちゃんは虹の橋を渡ってしまいました。
201-3







旅立つ6日前。
「あんたが先とはねえ…」






医者からは、この先口腔内の腫瘍がもっと肥大して、
食べられず、呼吸もできず苦しむーー、その姿に飼い主が耐えられず、
安楽死を考える段階がくるーーとまで言われ覚悟していましたが、
最期は大好きなこたつの中で、静かに、衰弱したまま……


201-5
1度目の「今夜がヤマだ期」には2階のクローゼットの中に籠り、下界を
シャットアウトして、自然治癒力を発揮してるか、死出の準備をしているようにも
感じ、わたしはもうそっと、本ニャンの望むようにしてあげたかった。
201-2
(当時の記録より)


この間、どうやら自ら
お口のしこりを
咬み潰して(!)しまったようでした。
(謎の膿があちこちに)


☆ビホー(ぽっこり)
201-8
☆アフター(すっきり)
201-4
腫瘍がなくなった! わけで。

これは…もしかして生き永らえるのでは⁉ 奇跡が?と、病院へ。
医者も「はてはて??」と不思議がってましたが、また点滴と筋肉注射に
通いだしたこともあってか、死相が消え、少しの間病状が好転したのです。
201-9
その後、ごはんや好物のまぐろや炙りかつおも
ほんのひと口ふた口… やがて何も食べなくなり……
(グルメなニャンは「懐石dIsh」とシーバしか食べニャい…と見せかけて、
エムが見ていないと他の子の違う食べ残しをこそこそ食べてたっけ)

201-6
ついには遠くのトイレにも行けなくなり、寝床近くに持ち込むも
失禁するようになって…
201-10
心細いのか珍しくわたしの足元でほかの子たちと
たむろして暖を取っていたよね。
(ほぼこの時だけ。触られるのは嫌がる)。



そしてとうとう、緩和ケア(治療ではない)の効果なく、
2度目の危篤状態に陥ってしまったようでした。
わたしは医者に、これ以上の処置は望みませんと告げました。
(同時期、おーちゃんも調子が悪く通院していました)
201










先生に見せた
ニャンちゃんのようす






大量の点滴液のせいで、体力がないのに排尿させるため内臓が休めない…。
もう、移動の負荷も掛けず、精神的にも肉体的にも楽に、
自然に任せたかったのです。



けれどやはり、奇跡のV回復はありませんでした。

201-7
魂の抜けた肉体はもうただの容れ物でしかないんだ、と
親の亡骸を前にした時も感じたものです。



心配してくださってた皆さん、ありがとうございます。

次の引っ越し先のきっかけとなったがん発覚からの1ヶ月、
急速に悪くなっていくニャンちゃんが痛々しく、見るたび泣けて、
心の準備もできていたせいか、その瞬間からもう、泣くことはありませんでした。
が、ここでの画像見て
命の終焉はヒトであってもーー自分もいずれ必ず迎えるものなのだと。
否定的に捉えず、常にそれを見据えて、悔いなく生きたい、と思ったのです。




行き場のなかったわたしに、命と引き換えに新天地の
ご縁を運んでくれたとしか思えない、ニャンちゃん。



実は今のこの家に移住が決まった時も、
急死した飼い猫がいたんです…。


つづく。
このブログ、あと2話で終了予定です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ